​第1期(21年後期)は定員に達したため募集を締め切りました。

「坂田の杜」で生物多様性を学ぶ。生き物と生き物のつながり、そのリアルに触れる。

坂田の杜

さかたのもり

同じように緑に見えても、木や花の種類によって集まる鳥や虫も変わってくる。
土の中にも菌類や微生物、いろんな生き物の働きがある。
人間社会で生きていると見えないけれど
この世界は小さな「食う・食われる」の関係が積み重なって絡まりあっていて
全ての生き物・命は繋がっている。
生物多様性を学ぶことは、その見えない繋がりが見えるようになること。
繋がりが見えると、自分が何をすべきかが見えてくる。

その繋がりこそが、サステナビリティであり自然と共に生きることだと私たちは考えます。
 
仲間と一緒に生物多様性とは何かを学び
自分に何ができるか、みんなで何ができるかを考え、動いてみませんか。

生物多様性の専門家、坂田マサコさんのセミナー動画をベースに、参加者同士でのオンラインディスカッションや交流を通して生物多様性についての学びを深めます。


と同時に、自分たちもそのために何ができるかをみんなで考え、企画し、動いていく場です。 
ここでは運営側と参加者というような役割を固定せず、ともに学びを深めあい、一緒に活動を広げる仲間になりたいと考えています。

 

予備知識は必要ありません。自然やサステナビリティへの想いがある方ならどなたでも大歓迎です。生物多様性の基礎となる型を学んで、みんながそれを自分の持ち場で自分らしいやり方で表現する、まさに生態系そのもののような自律分散型のコミュニティを一緒に作っていきませんか。

具体的には

1.坂田さんと生物多様性の基礎を学ぶ場(月1回)
坂田さんセミナー動画視聴を事前課題として、オンラインでの坂田さんQ&A、
感想の共有やディスカッション(動画は期間中、自由にご視聴頂けます)
※スケジュールは下記参照ください。
 
2.メンバー間の対話やワイガヤの場(月1回)
お互いの思いや人となり、取組みを知るための雑談会です(=下記"参加者ディスカッション")。
何でも話せる安心安全のコミュニティをつくる場です。
 
3.高尾山での坂田さんガイドによる自然観察会(日帰り・オプション) 

坂田さんの拠点でもある自然豊かな高尾山で、「生物多様性とは何か」を体感します。

画面越しでは得られない、身体で「生物多様性」を感じる場です!
 
そのほか、オプション企画も予定(坂田さんガイドによる自然観察会@福岡、スペシャルゲストトークなど)また、やってみたいイベントを自分たちで企画するのもアリです!

参加者の皆さん次第でプログラムがどんどん変わっていく、
思ってもなかった方向に活動が広がっていく、そんな場にしていきましょう。

講師:坂田マサコさん
明治大学文学部史学科卒業。国連生物多様性の10年市民ネットワーク代表、環境NGO虔十の会代表、CEPAジャパン理事、古書げんせん館店長、八王子古本まつり実行委員長等々。2000年から圏央道高尾山トンネルから高尾山を守るために多彩な運動を展開。高尾山の生物多様性を守り伝えるためネイチャーガイド、ツリーハウス作り、生物多様性をテーマにしたイベントやワークショップ、勉強会を多数主催。現在は裏高尾にコミュニティスペースと高尾山情報の発信を兼ね備えた高尾ツリーダムカフェをセルフビルドで建築中。生物多様性の保全に尽力し日本各地を駆け回りつつ、生物多様性条約や地球サミットなど国際会議にも継続的に参加。ローカルにしっかり足を据えながらグローバルな視点で動く環境活動家。

モデレーター:藤井芳広
NPO法人いとなみ 代表/株式会社セカエル 取締役/糸島市議会議員
滋賀県生まれ。2003年よりナマケモノ倶楽部に参加、様々な環境活動・社会活動を行う。2009年には韓国を100日かけて一周歩く「walk9/韓国巡礼」をコーディネート、国を超えた環境運動・平和運動の必要性と可能性を実感する。
2010年、東京から韓国やアジアから近い福岡県糸島市に移住。仲間とともにNPO法人いとなみを結成し、森の再生とアジア交流を核とした循環型コミュニティづくりに取り組んでいる。
2014年には糸島市議会議員選挙に立候補し、当選(現在2期目)。2020年、「糸島 food forest」を立ち上げ、食べられる森づくりを進めている。
NPO法人いとなみ  https://www.facebook.com/npo.itonami/

モデレーター:赤塚丈彦

高校教員として勤務後、複数の企業の人事部門を経験後2005年独立。 2011年3月NPOセブン・ジェネレーションズ発足後、6年間共同代表として、持続可能な世界に向けた社会活動に力を注ぐ。 ビジネス分野では独立以降、個人・企業・学校現場に対して、コーチング/ファシリテーション/研修等を提供しながら、その個人や組織にとって望ましい変容のサポートを行っている。


2020年コロナ禍の中で野菜づくりを始め、野菜がいろんな生き物の存在があって育つことを学び、そこにある生物多様性の深遠さをもっと知り多くの人と分かち合いたいと願い、今回の企画にも関わっている。

151666975_266527238155072_67057727770797
151240907_1847298415424840_8842071931221

モデレーター:廣水乃生

ビジネス・コミュニティ(国・自治体・地域)、教育の分野に焦点を当てたSustainability(持続可能性)を実現する活動を推進。ビジネス分野では、 国連の環境に関する最高賞である地球賞を2019年に受賞したアパレルメーカー『Patagonia』の日本支社 戦略策定に、唯一の外部ファシリテーターとして10年間従事。現在は、その経験を活かしてSustainability Transformationを推進。業界問わず想いで繋がる企業に対する導入コンサルティング、研修・セミナー講師として活動中。
 

​詳細

 

参加費
¥20,000(税込)/人
-カード決済と銀行振込のどちらかから選べます。
-合宿参加費は含まれません。

-お申込みフォームよりお申し込みいただいた後、振込方法の詳細をメールにて送付いたします。
-学生の方は2名限定・選考制で招待枠(無料)を設けますので、招待枠用参加フォームを通じてお申込みください。

 
定員
25名(先着順) 最小催行人数15名

【募集締め切り:2021年10月31日(日)】
 
スケジュール(第一期・21年下期)

​​※みんなで作る活動なので、なるべく出席頂きたいですが、欠席の場合はミーティングの録画を共有します!

 

11月
  11/8(月)20:00-22:00 開講式、オープニング
  (動画配信①)
  11/22(月)20:00-22:00 コミュニティギャザリング

12月
  12/4 坂田さんによる高尾山ガイド(オプション企画)
  12/06 (月) 20:00-22:00 動画①を受けて・坂田さんQA
  (動画配信②)
  12/20(月) 20:00-22:00 コミュニティギャザリング

1月
  1/10(月) 20:00-22:00 動画②を受けて・坂田さんQA
  (動画配信③)
  1/24(月) 20:00-22:00 コミュニティギャザリング

2月

  2/7(月) 20:00-22:00 動画③を受けて・坂田さんQA
  2/21(月) 20:00-22:00 コミュニティギャザリング

3月
  3/7(月) 20:00-22:00 リアル最終講義
  3/21(月) 20:00-22:00 修了式

※そのほか、オプション企画も予定(坂田さんガイドによる自然観察会@福岡、スペシャルゲストトークなど)

また、やってみたいイベントを自分たちで企画することもできます
 

​第1期(21年後期)は定員に達したため募集を締め切りました。

諸注意

 


■受講料の支払いに関して
・銀行振込振込の際の手数料はご負担いただいますようお願いいたします。分割払いを希望される方は、ご相談ください。その他、ご不明な点は「お問い合わせ」までご連絡ください。 

 


■申込み後の受講キャンセルに関して
・初回日程の10日前より30%、7日前より50%、3日前より100%のキャンセルフィーを申し受けます開始後、途中でのキャンセルは致しかねます。予めご了承ください。


■迷惑行為等について
・ネットワークビジネス、マルチ商法、宗教による勧誘、政治的活動は禁止となります。その他、他の参加者に迷惑をかけたり、不快にさせる行為がある場合は、退出頂きます。なお、その場合については、返金等にはご対応致しかねます。
 


■最少催行人数
・本講座開講の1週間前までに、最少催行人数 (6名) に満たない場合はお申し込みいただいた受講費は返金させていただき、中止と致します。